『食』の悩みを解決したい

単身赴任の食事って?料理が面倒なサラリーマンに提案する5つの選択

仕事の出張などで、単身赴任をすることになった場合、食事に困る人がいると思います。

いつもは、奥様が作ってくれていたのが、環境が変わっていきなりなくなるわけですからね……。

 

「単身赴任の時の食事はどうすればいい?」

「単身赴任の際に利用したい食事サービスを教えてほしい!」

 

今回は、単身赴任で食事をどうすればいいか迷っている人のために、おすすめのお食事サービスを紹介しますね♪

現在単身赴任をしている人や、食事バランス・栄養バランスが気になる人は要チェックです♪

 

健康に気を使うなら、宅配弁当がおすすめですよ♪ 栄養バランスも考えられていますし、おすすめです!

 

単身赴任中はどの食事がおすすめ?5つの方法を紹介!

単身赴任になると、どうしても食事が偏りがちになってしまいます。

健康管理ができる一番のポイントが食事なのに、偏食が続いていて体調を崩してしまうことも……。

そこで、単身赴任の際におすすめな食事・サービスを紹介しますね!

 

具体的には、以下のとおりです。

 

【単身赴任中におすすめな食事・サービス】

時短調理器具による自炊

外食

作り置き

コンビニ弁当

宅配弁当

 

個人的におすすめなのは、宅配弁当ですね!

宅配弁当なら、健康管理が徹底されたメニューが楽しめますし、冷凍弁当なので調理も楽々ですよ♪

 

まさに、忙しい会社員とかにおすすめな食事手段ですね!

時短調理器具による自炊

近年、料理男子が増えてきており、普段の生活から自炊をする人も珍しくありません。

しかし、普通に調理するのではなく、忙しい会社員におすすめなのが時短調理器具による自炊です!

 

 

最近では、さまざまな調理器具が販売されていますが、そのなかでもおすすめなのが電気圧力鍋です!

食材を鍋に入れて、ボタンを押すだけで調理が完結します。

仕事から家に帰ってきたとしても、調理が簡単なのでおすすめですよ♪

 

 

また、最近では電子レンジでも簡単に調理できます!

スチーム系の電子レンジを買えば、ボタン一つで揚げ物やスイーツなどができるのでおすすめですよ♪

メリット

【時短調理器具を使った自炊のメリット】

料理初心者でも簡単に作れる

おいしい食事が自分で作れる

仕事終わりでも簡単調理が可能

 

時短調理器具は、とにかく調理が簡単です!

指定の材料を購入して、鍋に入れてボタンを押すだけで完了します。

 

 

複数の調理器具が存在しますが、私は電気圧力鍋を重宝しています!

会社員の仕事終わりでも気軽に作れますし、自炊に挑戦したい人は購入をおすすめします。

デメリット

【時短調理器具の自炊のデメリット】

やや費用が高い

料理ができるまでに時間がかかる

料理によっては手間がかかる

時短調理器具はメリットだけではなく、デメリットも存在します。

まず、費用が若干高いことです。

 

 

調理器具の値段はピンキリですが、10,000円程度が相場です!

単身赴任中の人には、結構大きな出費になるかもしれません……。

 

また、電気圧力鍋は調理時間が若干長いです。

圧力調理自体は問題ありませんが、圧力を抜く時間が長く、料理によっては1時間以上待つ必要があります。

さらに、料理によっては手間がかかるものもあるため、ある程度余裕がある人におすすめな方法です!

外食でサクッと済ます

家に帰って食事をするのが面倒なら、外食でもありです。

外食も、食べるものによっては、健康が管理できるのでおすすめですよ♪

一番手軽ですし、自炊する心配がないため、仕事が忙しい人は選びたい方法です。

 

個人的に、ヘルシーでおすすめな外食サービス以下のとおりです。

 

【ヘルシーな外食サービス】

ステーキガスト

いきなりステーキ

やよい軒

リンガーハット

餃子の王将

 

いずれも高カロリーなメニューを提供していると思われがちですが、低糖質なメニューが多いので、ダイエットに最適です!

さらに、ステーキガストなどには、サラダバーもついています。

野菜を取りつつ、糖質制限をすれば健康にもよいですよ♪

メリット

【外食するメリット】

自炊せずに済む

おいしいご飯が食べられる

手軽で簡単

外食は、自炊をしなくてもよいので、時間の余裕ができます。

仕事終わりに、サクッと店舗に立ち寄って食事をして帰れば、あとはお風呂に入って寝るだけですよ!

 

それに、なんだかんだ自炊よりも外食のほうがおいしいですからね……。

調理する必要がないので、手軽で簡単なのもメリットの一つです。

デメリット

【外食するデメリット】

ハイカロリーになりがち

健康的な食生活を送りづらい

家計を圧迫しやすい

外食は、おいしいですし時間がかからないのでおすすめですが、デメリットも存在します。

まず、ハイカロリーになりがちな点です。

 

先ほど紹介した外食サービスなら問題ありませんが、毎食続けていると飽きが来てしまいます。

たまには、牛丼やラーメンなどのガツンとしたものも食べたいですよね……

しかし、それだとハイカロリーになりがちで、健康的な生活を送りづらくなります。

 

さらに、毎回外食をするとなると、家計が圧迫しやすく、他の生活水準を落とすことにもなるので注意しましょう。

作り置き

こちらも自炊の一種ですが、毎回作るわけではないので、時短になります!

作り置きレシピを把握して、時短調理器具などで作っておくと、レンジで解凍するだけで楽しめます♪

 

 

作り置きレシピは、調べればいくらでも出てきますからね!

複数のレシピがあるので、参考にしながら休日に作り置きしておくとよいでしょう!
(カレーやシチューなどがおすすめ)

 

 

作るのがそもそも面倒な人は、家事代行サービスを使うのもありです!

料理をしてくれるサービスも用意されているため、多少お金はかかりますが1週間分の料理を作り置きしてくれますよ♪

メリット

【作り置きのメリット】

毎回食事を作る必要がない

解凍するだけで簡単に楽しめる

毎回自炊をするのもいいですが、仕事が忙しく家に滞在することが少ないなら、作り置きでもいいと思います!

休みの日にまとめて作っておけば、毎回食事を作る必要はありませんからね♪

 

冷凍しておけば、あとは解凍するだけで簡単に料理が楽しめます!

私は、時短調理器具を使って作り置きをよくすることが多いですが、カレーやシチューは冷凍できるのでおすすめですよ◎

デメリット

【作り置きをするデメリット】

調理に時間がかかる

家事代行サービスを利用するとお金がかかる

作り置きをする場合は、デメリットも存在します。

一番は時間がかかる点ですね……。

 

作り置きメニューを作る場合、基本的に大量に作ることが多いです。

カレーの場合は、鍋2つ分を作ることがありましたし、食材の出費も結構かさみます。

また、調理が面倒な人は、家事代行サービスを使うと思いますが、余計にお金がかかります。

 

ほどほどに自炊するならいいですが、がっつり作るとなると、お金と時間がかかりますよ!

コンビニ弁当

外食ではなく、家でゆっくり食べたい人におすすめなのが、コンビニ弁当です。

むしろ、単身赴任している人のほとんどは、こちらで済ませているのではないでしょうか?

 

私も、一時期一人暮らしをしていた時は、コンビニ弁当で済ませることが多かったです!

最近では、コンビニのお弁当も進化しており、多くの食材・レシピが楽しめます。

 

 

バリエーションが豊富で、外食するのと変わりないほどのおいしさを楽しめます♪

自分で食事を管理すれば、糖質制限やカロリー制限もできるので、ダイエットに最適ですよ♪

メリット

【コンビニ弁当のメリット】

外食よりは安い

ヘルシー志向のものもある

糖質制限ダイエットもできる

コンビニ弁当ですが、外食よりも安く、そこまで家計を圧迫しません。

外食の種類にもよりますが、健康に気を使ったメニューを頼もうとすると、1,000円以上は超えます。

 

しかし、コンビニの場合は700円以下で収まることがほとんどです。

お弁当によっては、ヘルシー志向のものも存在しますし、なかには糖質制限ができるお弁当も存在します!

 

 

ローソンでは、お弁当に糖質量の記載があり、ロカボダイエットに最適ですよ!

デメリット

【コンビニ弁当のデメリット】

添加物のオンパレード

太りやすい

体調を崩す可能性がある

コンビニ弁当は、外食に比べると添加物がかなり多いです。

医者が食べたくないものランキングで、ダントツ1位を記録していましたからね……。

 

健康に気を使っていたら何でも食べられなくなりますが、毎日続けていると大量を崩してしまいます。

私も、コンビニ弁当を1か月ほど食べていたことがあり、案の定体調を崩してしまいました。

 

添加物や、ハイカロリーなのが影響しているのかもしれませんね……。

宅配弁当

単身赴任をしているなら、宅配弁当がおすすめです!

これまで紹介した手段のなかでは、最も健康に気を使えるので、健康生活ができますよ♪

特に、バランスのよい食事を楽しみたい人は、宅配弁当を注文しましょう!

 

 

お弁当サービスにもよりますが、このように充実したコース・メニューがあります。

個人的におすすめなのは、栄養バランスが考えられているお弁当をおすすめしたいです!

 

 

宅配弁当は、このように多くのおかずが楽しめます!

ヘルシー志向なので、ダイエットしたい人には最適ですよ♪

メリット

【宅配弁当のメリット】

冷凍弁当で調理が簡単

健康管理ができる

管理栄養士や専門医がメニューの監修をしている

宅配弁当は、基本的に冷凍されたお弁当が届きます。

注文するものにもよりますが、クール便で7~10食送られてきます。

 

 

調理方法は、レンジで解凍するだけなので簡です!

提供されているお弁当は、健康管理ができるものがほとんどです。

管理栄養士や専門医がメニューを監修しているため、お弁当を食べるだけで健康になれますよ♪

 

偏食がちな単身赴任にとっては、おすすめしたいお弁当です!

デメリット

【宅配弁当のデメリット】

料金がかかる

サービスによってはおいしくないものもある

宅配弁当にはデメリットも存在し、一番のデメリットは料金がかかる点ですね!

宅配弁当は、コースで注文可能ですが、1食あたり700円程度が平均です。

 

 

7食コースを注文した場合、送料などを考慮すると6,000円~7,000円程度になります。

コスパを考えると、他の食事方法のほうがいいかもしれませんね……

 

さらに、宅配弁当サービスによっては、あまりおいしくないものも存在します。

自分が好まないメニューが入っていると、それだけで気分がナイーブになりそうですね……

まとめ:コスパを考えると宅配弁当楽かも?

単身赴任をしていると、食事にあまり重点を置かなくなります。

ついつい、外食やコンビニ弁当で済ませてしまうケースがありますが、健康のことを考えたら、あまりいいことではありません。

 

普段の生活から健康を意識したいなら、宅配弁当がおすすめですよ♪

 

 

注文すれば、このように冷凍の状態で届きます。

管理栄養士が監修しているため、栄養バランスも整っています!

食事をするだけで健康生活が送れるのは、宅配弁当だけですよ!

 

単身赴任でも簡単に楽しめるので、おすすめです!

-『食』の悩みを解決したい

© 2021 暮らしと飯。 Powered by AFFINGER5